太る原因はなに?

毎日の生活スタイルを見直して、これが太る原因かな?と思われることをあげてみましょう。自分では普通の行動が実は太る原因かもしれません。一日の行動をひとつずつ見直してみましょう。

 

不規則な生活

起床と、就寝の時間は健康的ですか?朝寝坊や夜更かしは食事の時間にも影響し、体調を壊してしまうこともあります。またお肌にもよくありません。そうならないためにも規則正しく過ごしましょう。なかなか難しいかもしれませんが心がけることで随分改善されていきます。また夜遅くまで勉強や、残業をしてしまいがちですが効率も落ちてしまうのでほどほどにしてくださいね。また睡眠不足も太る原因です。適度な睡眠は大切ですね。

 

 

食生活

食べることはそのまま太るイメージですが、必要な栄養は、最低限摂取してください。

ここでは、これは太る原因かな?と思われることを考えて見ましょう。一番に思いつくのが食べすぎです。摂取する量も問題ですが、高カロリーのものを食べすぎたり、ファーストフード、外食、油っぽいもの、偏食、間食、スナック菓子の食べすぎ、炭酸飲料の飲みすぎ、一般的によく言われている食生活からみた太る原因はものすごくたくさんあります。
こういっただらだらとした食生活、どうやって改善させていくとよいでしょうか。食料を買うときには空腹時をさけたほうがいいといいます。これはつい余計なものを買ってしまうからです。反対に考えれば空腹時のほうが献立がよく浮かぶ気もします。これらの対策として、食材を買う場合は献立を考え、必要なものをメモして買い物へいくとよいでしょう。私もこの方法で買い物をするようになって、不必要なものの買いすぎが減りました。献立を考えるということは、栄養のバランスを考えることが出来るので一石二鳥ですよね。
それから大切なのが食事をする時間です。起床後2時間以内には朝食をとるようにしましょう。夕食後3時間は寝ないようにしたほうが良いので、就寝時刻の3時間前までには夕食をとるようにしましょう。まずは食生活を改善させることですね。

 

運動不足

太ってしまう原因に運動不足だから?と考える人が多いと思います。実際私も運動しないから太るのかな?と思っていました。ですが、いつも通っている病院の先生によるとカロリーの摂取しすぎだからといわれました。そんなに食べ過ぎてないと思っていたんですが、どうやら違うようです。人は年をとるごとに必要とするカロリーが少なくなるので若い頃と同じ量を食べていては食べ過ぎになってしまいます。体の代謝をよくするための運動は必要ですが、運動をしないから太るという原則ではないということですね。

年齢、性別、一日の行動の度合いによって必要とするカロリーの量が違います。自分の生活スタイルをよくみてどれくらいのカロリーを必要としているのか、いつも頭の中に入れておくといいですね。

 

ストレス

ストレスが原因で太るのには理由があります。ストレスによって食事の量が増えたり、体の危険を感じて脂肪を溜め込もうとする働きがあるからです。これは食事を抜いて痩せようとする場合でも同じことが起こりますよね。また、ホルモンのバランスが崩れてしまって太る場合もあります。